非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

メガーヌ ハッチバック 1.2Lターボ GTLINE 試乗記

前回、カングーを試乗して、やっぱりメガーヌから乗り換えは気になる点が多いと言ってましたら、AT(DCT)でも良いならメガーヌはどうですか?と試乗車を後日用意していただきました。おっZENか!と期待したら、GTLINE、しかもハッチでした。これはコレでレアな気もしたので、乗らせて頂きました。

パッケージングについて

実はメガーヌ3は初めて座ります。(RS以外では)。
GTLINEなんで、サイドサポートの高いシートです。でも柔らかくて、かつ程々にサポートしてくれて、ここ数年座ったシートの中では一番です。
 着座位置は結構低いですが、ATなこともあり、ぱっと位置が決まりました。特に後で微調整が必要ということもありませんでした。いいシートは受け入れ範囲も広いです。
 視界はかすかにボンネットは見える程度。程々に予想はつくので取り回しは困らないです。エアコンの操作関係が少し下気味なのが少し気になるのと小物入れが少ない。
 メガーヌⅡにあったコンサバな感じではなく、全体的にパーソナルな印象です。

 リアシートはメガーヌⅡよりも気持ち広くなった程度。ただリアシートのクッションや取り付け剛性がよくなったので、座り心地はいいです。全体に黒内装なので、少し雰囲気が重たい感じ。窓もそこそこ大きいのでルーテシアに比べるとかなり閉塞感は少ないです。
ここ最近のCセグとしては平均的+αって印象です。

 ラゲッジは、ぶっちゃけそんなに大きくはなってないですが、相変わらず横幅はあるので積みやすそうです。メガーヌⅡのプリケツ部分で減ってた分が戻ったくらい。
全長も20cm位伸びてますんで、その割には大きくないですが、普通に使う分には十分。
きっと見た目以上には詰め込めそうです。この辺はフランス車の定番っぽい感じです。

パワートレインについて

ルーテシア1.2と基本的には同じなので、あんまり期待してませんでした。
電動パーキングは解除のモータ音が明らかに室内に聞こえてきます。ウイーン、カチッ!
って感じで。ちょっと安っぽいですが、わかりやすいので良しとします。
 最初の出足で。あれっ!ルーテシアと全然違うぞって思いました。
ルーテシアはタービン音が室内に響いて、結構なターボラグを感じてましたが、メガーヌはタービン音が殆ど聞こえません。それとトルクがより素早く立ち上がってくるように感じます。同じエンジンで馬力が上がってるので、おそらくブーストが少し高くなってるので逆にラグは大きくなってるんじゃないかと思ってたので予想とは逆で驚きました。
 ルーテシアのようにECOモードがないので、最初から勢いよく燃料吹いてるのかもしれません。今回は短時間の試乗なので、確かめるべくもないです。後でいろいろ調べると他の方の燃費報告やこの1.2ターボのエンジンは0.9ターボに対するハイパワー版という本国の位置付けからするとおそらく予想はあってそうです。
 ということで、すでにアクセルひと踏みでいいじゃないか!と思ってしまった自分は単純です。DCTはルーテシアと同じ印象で変速自体は高速ってほどじゃなくて、そこそこの速さで転がしてるという印象は変わらず。ルーテシアが手前アップ、押すダウンなのにメガーヌは逆で、手前ダウン、押すアップのシフト操作になっており、すごい違和感を感じます。ただシフトの操作感はルーテシアほど安っぽい感じはないですが、クリック感もないのが少し気になります。パドルあってもいいかなと思いましたが、まあ慣れだと思うのでいらないでしょう。
 変速はスムーズです。やはりダウンサイジングターボならではのエンブレの効きの弱さでアクセルオフ時の若干の空走感は感じられます。低回転からのトルクで再度、踏み足した時のトルクに不満はないです。
 カングーで速度が落ちてくる急坂に行きましたが、少し踏み足すだけであっさりトルクで速度を上げられます。ダウンシフトなしで。これなら2L相当って言っても差し支えないです。おそらくルーテシアよりもギア比はワイド化されてるような印象で、回転は低く静粛性が高いこともあって、パワートレインと車体のマッチングがいいなあって感じました。
 これで高速をハイペースで快適に巡航して、結果燃費が17km/Lとか出るんだろうなと思うと魅力があります。

足回りについて

GTLINEということもあって、はっきり言って固めです。普通の道路ではあんまりネガな面が出ませんでしたが、工事中や荒れたとこに出ると思い切りドタバタします。あんまりフロント側はドタバタしなくて、リアが結構バタつきます。なんで前に乗ってる分には乗り心地は悪く無いです。伸び側はあんまり不満はないけど、縮側が足りないって印象です。底あたりまでしないけど、いなせてないって感じ。普通に乗る分には硬いけど、乗り心地悪く無いって書かれる足回りだと思います。ただ走行性能悪くならない程度にどこまで乗り心地確保できるかって視点だともっと柔らかくできるでしょうっていうよりルノーの足回りってそこが売りでしょ。メガーヌⅡにH&Rのダウンサスを一度組んだことがあるけど、それと似てます。結局純正に戻したけど。ということで、コレかってもZENのバネに変えるだろうなあって思います。高速はおそらく最高だとは思います。ディーラーのひとが言うには乗り心地でいうと、ZEN>>RS>GTLINE>GT220って言ってました。運転席インプレならそうかなと自分も思いますが、家族持ちには後席の乗り心地が若干気にはなるレベルです。
 で肝心の足回りですが、最初の交差点曲がった時点で、あ〜もう全然カングーとは違います。パワステも気持ち重めなんですが、なにより重心の低さってステキ。別に高速に曲がってるわけではなくて、ごくごく普通に曲がってるんですが、タイヤの接地感がハンドル通して感じられて、よっこらしょって曲がるんじゃなくて、適切に操作してやればクルマがキチンと余計な動きなしに反応してます。そこが乗っててすごく気持ちがいい。
 カングーでもいいかなんて思っててごめんなさいって感じでした。(でもルノーが日本でやってくためにはカングー売れててください。)。
 相変わらず、クルマとしてはすごーく普通なんですが、その普通が気持ちがいいです。
 なんていうか、路肩にクルマが止まってて、隣の車線に少しはみ出ないといけないけど、後ろからクルマが来てて少し加速しながらハンドルきって、また元の車線に戻るって動作なんかが、エンジンのトルクがすっと出て、クルマの向きがキレイにかわってそしてまた元にもどるって動きなんかがバランスが取れてて調和してて気持ちがいいです。
 足の硬さやロールの大小はあるけど、ルノーのクルマって基本こんな感じですね。

総評

これ乗ってまして、自分が乗ってた初代メガーヌクーペ16Vを思い出しました。
サイドサポートのある柔らか目のシートと気持ち低めの視点。ハンドルの感触と正直好みです。あんまり期待してなかった分、正直やられました。なんだかんだ言ってもルノーの主力だけあります。
ただ自分が買うとするとベストなグレードがないのが残念。
荷室が今回欲しいので、エステートがいいんだけど、そうなるとGTLINEかGT220しかない。
エステートのZENがあればベストなんだが。どうも値段の戦略上ZENは入ってこないらしい。
そうなるとGTLINEだけど、ここまで足固くなくていいだけどなあ。でバネそのうち変えるならGT220でもいいじゃないかとMTだし。でもエンジンの好みから言うと今回の1.2ターボの方が普段使いには面白そうだし、ギア比もよりロングなのでなおさら。GT220はスポーツ志向で高速で結構、回ってしまう感じ。100kmで言うと2500rpmと2000rpmくらいの違いがあり、実質のもう少し高めの速度域になると、その差は大きいなあ。
 最後のMTということでGT220も良いんだけどね。エステート 1.2 6MTがあれば!。
いやホント欲しいのはグランセニックなんだけど。1.2DCTでいいんだけど、まったく導入予定はないそうです。とほほ。

広告