非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

SPADA キャブ同調

某ストレートなお店で買いました負圧計。(やばいタンク錆びてる)
やり方は自己流なので、やるときは自己責任で。


適当に暖機して、アイドルを調整。規定値は1300rpmにアイドルスクリューを調整する。
まず、下の写真両端上のパイロットスクリューを規定値にします。
全閉から2回転と1/4戻し。


リア側は、キャブの燃料コックの負圧コック用の引き込み口。
負圧が取れるのは、インマニ直下の、棒で指し示すところ。

ここを外すと、燃料が流れなくなるので負圧をかける必要あるけど、ホースに燃料残ってるので手早くやれば大丈夫。時より差込み直して燃料を補給する。いい加減だが、まあよしとする。




フロントは、このネジを外して写真のアタッチメントを付ける。
フロント側の負圧を測って。次にリア側の負圧を測り、同じような負圧になるように、スロットルの調整ネジ(写真バネのついたネジ)を調整する。
要はアイドリング時の負圧の値=スロットルの開度なので、近い値になればきちんと同調とれてるってこと。
時より、アイドルスクリューを調整してアイドリング回転数を調整した方がやりやすかった。
今回はそれぞれ15cmHg程度となった。これが、他のも同じかはわからん。

ついでにOILも交換。久しぶりに、真っ黒なOIL見た。粘度はあったけど、汚れはひどかった。

早速、試乗!。
いやいやいや〜、良くなりました。毎回、書いてるけど。
スカスカだった4000回転以下がかなり改善しました。キレイにまわるようになった。

これにて、一通りのメニューは終了。後は、しばらく乗ってスプロケ交換するか決めることにする。

広告