非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

SPADA初乗り

会社から帰って速攻で乗りました。
エンジンも無事かかって、ガソリン漏れもなし。アイドルも安定。

よしいくぜ!と思ったら、4000回転以下がスカスカなんですが?。
キャブ?スロージェットかなあ?と思いつつも、適当にごまかしながら走る。
段々と調子が良くなってきました、つまりがとれたか?。

やっぱり、面白いわ!。
車体もコンパクトだし、トルクもとりあえず5000回転くらいまわってれば結構でてるし。段々と思い出してきた。調子よく走ってると、後ろで「パン」と言う音が!?
アフターファイヤー?((バックファイヤーの可能性もあり))とりあえず、聞かなかったことにして、いろいろ調子を見た。上も十分まわるし、致命的なものはなさそうだ。
体が冷えてきたので終了。

・気になるところ
1.タペット音
>とりあえず、オイル交換で様子を見ます。気温も寒いしね。
2.4000回転以下が薄いような。
>もう一度キャブをバラすのはいやだなあ。ということで、しばらく様子見。
3.回転落ちが遅い。
>2.含めて同調みてみますか。
4.ブレーキがふかふか。
>これは当然。フルード交換とピストン交換で対応予定。
5.アフター(バック)ファイヤー
>発生の条件がよくわからんので様子見。

後は、メンテでどこまで良くなるかですね。
やっぱりバイクは楽しいね。後は、一気に仕上げてツーリングに行くか!。

広告