非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

久々に伊勢に行く

20年に一度の遷宮ということで伊勢にいきました。
着いたときは時間的にいい時間だったので、まず昼ごはんをということで。
伊勢に行くと悩むのはご飯。
伊勢うどんは結構食べた結果、タレは美味しいけど麺はいまだに馴染めず。
てこね寿司も味的には普通のちらし寿司とかわらないし。
牡蠣は時期でないということで、伊勢から20分ほど走って志摩市にある事前にリサーチした、うなぎ屋に行きました。道中に五十鈴川の川縁を通るのでいい雰囲気の道も通ります。


東山物産
google:東山物産 うなぎ

昔ながらのいいうなぎ屋さんでお値段も良心的。
味は蒸したうなぎを強めの焼きでぱりっとした感触で濃い目のタレで、食べごたえがあります。あと漬物が美味しい。



持ち帰りもあるので、おみやげにも買って帰りました。
スーパーの値段でうなぎ屋さんのうなぎが買えます。コレはお買い得。
自分のなかで伊勢での定番になりそうなお店です。

道の駅にもよりつつ伊勢に戻るとさすがにG.W結構混んでます。

結局、結構離れた市営駐車場に止めて歩きます。



神宮の中の道はやっぱり雰囲気があります。寒い季節の凛とした雰囲気も好きですが、新緑の季節もまた穏やかでいいです。

既に遷宮が終わってると思ってましたが、実際はまだなんですね。
新旧のお宮様が見ることができたので、コレはこれで良かったです。きちんと遷宮されてからまた来たいですが。


この新しい杉?段々と見慣れた色になってくると思うと、この変化を楽しむために伊勢に訪れたくなります。ずっと残そうとするのではなくて、変化と移り変わりを受け入れるのもいいもんです。とおっさんになって思います。

5月5日ならば鯉のぼりの式神があったのか、かなり残念。
前もって売らないのもまた伊勢神宮らしいのでしょう。

風が強くて鯉のぼりも気持ちよさそうです。

広告