非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

高級であること

仕事上の理由で「鉛筆」を使っています。そこで必要となるのが、「鉛筆削り」なのですが、必要な時に手元にないということで増殖するわけです。

先日、高級鉛筆削りという、うたい文句の製品を見つけました。贅沢かと思いつつも、つい買ってしまいました。素材は真鍮の削り出しです。専用の皮ケースも付いていました。
でもこの鉛筆削りですが、使い勝手が悪いんです。コンビニで買った500円のものと機能的にはかわらない。そして削りカスをケースにためるタイプではなく、一般的なカスを外に出すタイプです。切れ味もとりわけいいわけではありません。むしろ、カスが散らばる分がイマイチですし、手も汚れます。
だとすると、この鉛筆削りは何が高級なんでしょうか?。素材が?見た目が?。そうであるなら、この鉛筆削りは使わず飾っておくしかありません。高級だからといって、「いいもの」とは限らないですよね。もちろん、所有欲を満たすことが第一の目的なのかもしれません。でも、鉛筆削りが道具であることに違いはないと思います。
だから、僕は無造作に使い倒そうと思います。高級だから丁寧に使う?。いえ、高級だからこそ使い倒しても大丈夫な品質でないと駄目であると思ってます。

下の鉛筆は、片方は高級品、片方はコンビニで買った品で削ったものです。違いが分かりますか?

広告