非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

*椅子を自力で張り替える(その1)

広告



椅子を自分で張り替えることにしました。

現状確認


安売りする前のOH塚家具製です。購入時期は3年前。
f:id:tat2_show:20170607191118j:plain

上で子供が翔んだり、こぼしまくるせいなのか、全体にヒビが入り、中央部分が破れました。
f:id:tat2_show:20170607191232j:plain

f:id:tat2_show:20170607191255j:plain
 とりあえず応急対策で、以前サンプルで貰った3Mのダイノックシートを貼りました。
これが結構丈夫で、色さえあえばコレでいいんじゃね。って感じなんですが、他のところも破れてきそうなので張替えることにします。
バイクのシートは張り替えたことが何回かあるので、まあ大丈夫でしょう。
おそらく、タッカー(ホッチキスの親玉みたいなの)で固定されてるだけと思われ。

生地選び

張替える生地を選びます。
求める機能は、頑丈で防汚(汚れても拭き取りやすいこと)です。
最近は通販でサンプルも提供してもらえるので利用しました。
画面では微妙なシワや光沢がわからないので、サンプル比較したほうが吉です。

f:id:tat2_show:20170612205113j:plain
サンプルが来ました。
こげ茶で画面で近似を選びましたが、やはり感じが違います。
ぴったりというものはないですが、近似のものを選びました。
いっそまったく違うものを選ぶというのも手です。縞模様のものも健闘しましたが
あっさり却下されました。個人的にはなかなかいいとは思います。

シンコール オールマイティ に決定。

 一番無難でおすすめなものになりました。
元の生地よりも分厚そうなので丈夫そうです。
つまりコレより安い生地ってことだよな、OH塚製は。

玉縁(パイピング)の処理

現物には玉縁があります。こんなの。
f:id:tat2_show:20170607191242j:plain

これをどう処理するかですが、
無視してなくすという選択肢もあります。無くすと型崩れするかな。
ただし無い方が、素材を引っ張りやすいので貼る時に楽な気もします。
今回は、いい機会なので作って見ることにします。

素材が来ました。

f:id:tat2_show:20170607201044j:plain

もう後戻りできません。

(続く)

広告