非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

カングーZEN 1.6AT 試乗記

たまたまディーラーの近所に行く用事があって時間があることが分かったので乗ってきました。残念ながら1.6のATしかなかったので、これはコレで乗ったことないのでいいかと思い試乗しました。

パッケージングについて

いままで展示会等でさんざん座ってきたのでいまさらパッケージングのことでいうことはないんですが。改めて言うなら、シートの背もたれのレバーが使いにくいくらいで、ポジションはテレスコなくてチルトのみなんだけど割りとあっさり決まりました。
 全体的にチープな感じはやっぱりメガーヌ比べるとあります。といってもメガーヌもそんなに高級感はないですが。高めのパッケージングですが、ダッシュボードも高めなんで視界自体は広々といった印象はないのと同時に無駄に広いなあという印象もなくていいですね。ボンネット左端がはっきり見えるので取り回しは非常にいい感じ。

パワートレインについて

あまり評判のよくない4AT(DP0)対して期待もしてなかったのですが、なんと意外に高評価です。悪く無いというよりATの中でもかなりいいなあと思ってしまった。
 段数が4段と少ないのは不利なんだけど、ちまたでよく言われているダウンシフトが結構適切で常に駆動を切らさない感じがMT乗りとして違和感なくて。素直にいいじゃん!と思ってしまいました。
 市街地の街乗りオンリーだとすっとトルクがついてくるので1.6Lでも気になりません。
「思ったよりいいじゃないですか」と隣のディーラーの人に言うと
「でも坂道はねえ」と言って、試乗コースの急坂地帯へ。
2速ベタ踏みでトルク足りなくて、確かに速度が落ちてきます。
街乗りだと、別にこれでもいいけど、高速でもこのぐらいの勾配はあるのでその時は正直つらいだろうなと。というより2速ベタ踏みでもキックダウンしないんだなあと。これはコレでいいかもと思ったりもしたり。あんまり高速乗らないなら本当にコレでもいいなあって思いました。

足回りについて

基本的にルノーのクルマは少し乗っても普通のクルマって印象しかないんですが。
ご多分に漏れず、カングーも普通のクルマでした。
ただメガーヌとベースが同じこともあり、あールノーの足回りだなって感じで。
自分にとっては結構ぱっとはまる感じもあり、あーやっぱコレだなと感じるところがあった。路面に対していなす感じ、ただちょっとした段差は少しドタバタする感じや、直進してる時のステアリングフィールと少し切り始めてタイヤのグリップが立ち上がるときの感じやコーナーや車線変更でロールするけど、そこから必要以上にしなくてそのまま安定した感じで運転できる感じとかはルノーだなあーって思います。
 タイヤがそんなに扁平じゃないのもいい印象です。ただやっぱり箱がでかい分、よっこらしょ感はありますね。軽快ではないです。
これでエンジンにもっとトルクがあればいいのになあって思いはやっぱりありますね。

総評

 帰りにメガーヌ乗ると、狭いと思いながらも5分もすれば、まあ別にこの程度の広さでいいかと思うあたり自分には広さが絶対的な価値観ではないなあと感じる。
あとメガーヌってコンパクトでトルクあって軽快なクルマだなって思うほどやっぱりカングーって重たい。メガーヌクーペからメガーヌ2に乗り換えた時に軽快感がなくなってしまって残念な印象だったのに人間の感覚って本当に相対的でいいかげんなもんだと思いますね。あとボディに関しては足回りが柔らかいこともあってかカングーの方がビビりが少ない印象。
 あといまさらラゲッジに関してなんだけど、確かに広いんだし、バイクとか積めるんじゃないのと夢がひろがってましたが、使用状況95%ぐらいは後席倒さないわけで、そうすると荷室の使い勝手ってどうなのって気もしてきた。特に観音開きが左空きなのも右側通行やうちの駐車場事情からすると面倒な気もする。
 あと上から目線的に言うと、カングーってやっぱり商用車なんですよね。
他メーカーから乗り換えると、いいじゃんって思うのかもしれないけど、ルノー同士で比べるとやっぱり1段から2段落ちるというか、乗り心地、振動、静粛性すべての面でちょっとずつ悪い。シートだけはほとんど同じなので、ここはいいところなんですが。
 評論家の間でプロボックスが評判高いので乗ってみたけど、足回りは別として音や振動はひどいんで、なんだかんだ行ってもカローラフィールダーの方が良かったりするのと似てます。あれも1.5Lは安物ですが、1.8Lは結構まともです。

広告