非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

淡路キス釣り

夏といえば釣り!。釣りといえば投げ釣り!。投げ釣りといえばキス釣り!。
数年ぶりに行きました。
投げ釣りにはキレイな砂浜が必須です。なので淡路に行きます。

過去いろいろいって、印象も釣果も良かった吹上浜に行こうと思いましたが
なんせ南淡なので、そこまで行くのは結構時間がかかる。

調べてみると、洲本のあたりにもなかなか良さそうな砂浜があるので今回はそこに行きました。行き先は、平安浦。現地到着AM6:30

さっそく初投からヒット。幸先よし。
しかしながら、少し沖が、急に深くなっているようで、ボラが水面を跳ねる。
手前に投げちょくちょく釣れるが、小型ばかり。
ベラに針やしかけをこわされること数回。2時間ほど釣って暑くなってきて終了。

温泉でも入ってかえるかと思いきや、どこも営業時間前。
結局、北端のあわじ道の駅までいき、時間を潰し11時までまって温泉に入って帰った。

温泉って、渓流釣りしてた時は朝早くから開いてたイメージがあったんだけど、淡路はどこも11時のよう。南あわじは10時に開いてたんで、次回はやっぱり吹上浜行こうかと。
朝早くいって、午前中に帰るってのが淡路の楽しみ方の一番いい方法だと思う。

獲物は天ぷらにして食べた。
キスの天ぷらは確かに美味しいけど、淡白なので数たべるものじゃないですね。

広告