非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

桜の通り抜けとGR。

2年ぶりに来ました。

前回はこちら
大阪造幣局 桜の通りぬけ


今年は、スポット的に温かい日があったため桜の開花がはやく、ほとんどの桜が散ってしまっていました。初日にしてこれでしたから、最終日はどうなるのか。
 お役所なこともあって、3月中にするのは難しいだろうから、今の時期なのも仕方ないかと。川縁に咲く、染井吉野も完全に散ってしまって、ツツジが咲いちゃってますから。









NIKON J1を持って行こうとしたら、電源が入りません。
バッテリー交換しても起動せず。壊れました…。
1年以内なので、保証修理できるのが幸いだけど。
 ということで、急遽 GR-D2を持って行きました。
混雑してるなかで、片手取り、ISO80固定で、露出やマクロを変えながら撮りました。
このグリップと操作性は相変わらず素晴らしいです。
明るい中で取れば、画質もいいし。カメラって結局、明るさと光源だなあ。
センサーサイズの大きさやレンズの性能ももちろん大きな要素ですが、明るい被写体にまさるもの無しって思います。

イムリーにAPS-CのGRが発表されました。
GRの弱点だった、高感度が強くなるわけで、弱点が補完されたかな。
値段は高いですが、きっと人気がでると思います。
自分は高くて変えないので、代わりにGXRが安くなればなあ…。

追記:前回はGX100で撮ってましたが、見比べてみると条件が違うので一概に言えないけど、GRの方がやっぱりダイナミックレンジが広い。GX100は白飛びしてる。今更の比較でした。
写真の腕はさっぱり上がってない…。

広告