非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

DT125Rをリトルカブラと入れ替えました。

引越しまして、ガレージが狭くなったんで小型な車体にしたいのと2ストの煙でのご近所さんへの配慮もありまして、兄貴のとこにあったカブと交換してもらいました。





 リトルカブと聞いてたけど、行ってみたらリトルカブラだった。
普通のリトルカブとの違いは、リアフェンダーあたりにカバーがある。
オプションのカットレッグシールドが付いているってことぐらいかな。
カブの仕事っぽさが消えてるけど、軽快さとかメンテ性が悪くなったりといろいろトレードオフです。カバー外してカブのサイドカバーでただのリトルになるっぽいですが。

引き取ってきて状態確認。


左ミラーが割れてる
>これは交換


シートが破れてる
>外品のシートに交換予定。ビリオンシートとともに。


ウインカーベースががコケた時に削れてる。
>ウインカーはキレイなんでそのまま。



バッテリーレスキットで怪しいコンデンサーがついてる。
>始動時にNランプが付かないのと、停止中にウインカーの点滅が遅いんで
 これは、バッテリーに戻す。


チェーン
>様子見て交換。スプロケ交換も含めて。



>タイヤ
前後とも硬さは別として山はあるので、このまま。


その他
>前かごとキャリアはつける予定。お買い物&通勤仕様なんで。




サビ
>メッキにあちこちサビが。
磨いてどうすっかな〜。どうせまた錆びるし。
クリアー吹くほどのバイクでもないし。



自分がオーナーになって、ちゃんとカブ乗るのって初めてなんでいろいろ新鮮ですね。
慣れてくるとなかなか面白い。シフトダウン&回転合わせとか決まると気持ちいい!。
カブって「バイク」とは別の「カブ」って乗り物ですね。
横型で重心低い&リトルなんで14インチタイヤでさらに重心低いので下りコーナーとか結構軽快。スピードは遅いですけど。14インチもアリですね。
単独で走る分は気持ちいいですが、交通の流れに乗るとやっぱりちょっとキツイかな。

中途半端にいじると、お金かかっちゃうから、キャブとマフラー交換しないライトボアアップ75ccか、いっそのこと90ccエンジン交換がいいだろなあ。さいしょっから90cc買っとけということになるかもしれないんで、88ccとかはやめとく。

ノーマルも味わい深そうなので、スプロケをロングにして巡行対応します。

広告