非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

DT125R それから ブレーキとかフィルターとかキャリアとか

フィルター装着

オーバーフローの原因はニードルにゴミが引っかかってました。
ゴムはどうもゴムのカスっぽいので、パッキンやホースのかけらが噛み込んだようです。
ネットで調べても、このキャブはオーバーフローが持病のようです。
予防措置としフィルターつけて見ました。・・・が、ホースの取り回しで、燃料が流れたり流れなかったり、加速すると流れてこなかったりと、余計なトラブルを招きました。
 いろいろやって、最短で取り回してこの形になりました。車みたいに燃料ポンプで強制的に送ってるわけではなく、あくまで自重で流れているのでシビアです。

タコメータースピードメーターを直しました。

スピードメーターは部品とりから、移植したのでTEMPランプがあります。(作動はしません)。
メーターシャフトの受け口の四角が丸くなって、シャフトが空回りします。そんなときは、シャフトの先端にアルミホイルを巻いて詰め込む!。先人の知恵はすばらしいですね。
キチンと動くのでOK。

キャリアを装着。

稼動が見えてきたので、オクでキャリアを入手。純正なのに5000円!。高いなあ。
サビ止めにPOR15を塗布。

缶スプレーで適当に仕上げて、ウレタンクリア吹いて置きます。着々とお買い物マシーンに。GIVIのBOX着けたいなあ。


・キャリパーOH
明らかにピストン戻ってきてません。離してもブレーキレバーの反力が戻らない。
見てみると・・・。よく今まで平気で乗ってたな。

ピストンとOHキットで復活。でも、効きは変わらないね。

広告