非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

蛍を撮ってみた。

僕の実家はすごい田舎なんですよ。
どのくらい田舎かというとこのくらい。途中の峠から写しました。

そこで先日、帰省して友人と飲みに行って帰ったら家の前の川にホタルが結構いてびっくり。子供の時からホタルはいましたが、もっと上流にいるもんなんです。この川も汚くはないけど、ものすごくキレイというわけでもないのです。草が結構生い茂ってるからかなあ。折角なので家に帰って、デジカメ持ってきて写してみました。でも、これが結構難しい。もちろん暗いから、写り難いんですが、写す条件がわからない。

ちなみにカメラは、リコーのGX100です。
このカメラ、マニュアルでいろいろ設定できます。
中でもシャッター速度を、180Sまで設定できるので、今回はこの機能がなければ撮れなかったと思います。ISO80で、30〜60Sぐらいで撮りました。絞りに関しては、ここまで長時間露光だと、あんまり変わりませんでした。これ以上、長時間シャッター開けておいても風が吹いてるので、逆にボケボケですね。モニターによっては、単なる緑の点々にしか見えないかもしれませんが。
いろいろ試してみましたが、まあマシかなというのがこれらの写真です。
残光がいっぱい流れてる写真が取れたらと思いましたけど、ホタルってあんまり動かないです。WEBで「ホタル 写真」で検索するとすごい写真がいっぱいでますが、自分としてはこれが限界かな?。もっと、いい方法ありましたら教えてください。

液晶にはなにも写らないので、勘で構図決めてシャッター押して、2〜3分後にやっと画像の確認の繰り返しです。結局1時間近く撮ってました。深夜におっさんが暗闇の中、うろちょろしてるのも、アレ(笑)なんで切り上げました。


ISO80,60S F2.9 川全体ではこのくらいです。


ISO80,60S F2.9 草むらの中に置いてみました。(その1)


ISO80,60S F2.9 草むらの中に置いてみました。(その2)


ISO80,60S F8.2 後ろがシャッターじゃなければなあ。

広告