非常のひと

工業系人間の日常。DIY精神で自分でやれば工具が手に入って、作業も楽しめて2倍お得。

広告

SPADA修理
その2
その3

祝!エンジンかかりました!。

原因としては、キャブが原因でした。というか、
単純にリア側のパイロットスクリューの回転数を間違えてた。
2回と1/4戻しなのが、全閉だった。そりゃ、かからんわな。
見え難いところなので忘れてた。

掛かったらかかったで、同調がイマイチなのか、アイドリングが落ちつかない、回転落ちも悪い。
負圧計をもってないので、同調は勘であわす。しばらく動いてないから白煙もすごいなあ。
同調は、回転の落ちとアイドリングの安定するところをあわせていった。
イマイチ納得がいかないし、タペット音も気になる。

アイドルも高いなあ。トルクもないような。
久しぶりなので、どんな感じだったか、完全に忘れた。
いかんせん、ナンバーをとってないので、走って確かめられんので、全ての回転域でこれでいいかもわからないので、細かいセットは煮詰めずここまで!。

次はナンバー習得だな。よしよし。

広告